静岡の梅ヶ島にある「黄金の湯(こがねのゆ)」| 大自然に囲まれた露天風呂が最高すぎた!

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)




梅ヶ島街道をひたすらまっすぐに、静岡駅から約1時間。

大自然に囲まれた「黄金の湯(こがね)」に行ってきました。

道中には、古民家カフェや美味しいご飯屋さんもあるので、ちょっとした日帰り旅行にもぴったりの温泉です。

大自然に癒されに、ぜひ行ってみてください!

黄金の湯の営業時間やアクセス

住所 静岡県静岡市葵区梅ヶ島5342-3
電話番号 054-269-2615
営業時間

9:30~17:30(17:00札止)

【12月~3月】9:30~16:30(16:00札止)

定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入泉料(税別) 大人 700円
小人 300円(3歳~小学6年生)
0~2歳 無料(ひとっ風呂 入浴券 大人400円 / 小人100円)
※ 1時間30分以内
タオル 無蛍光さらし仕上げのタオル…1枚300円で販売
駐車場 無料
アクセス 静岡駅前(北口側)から北へ伸びる県道29号線(御幸町通り、安倍街道)を道なりに北上。
ホームページ 黄金の湯の公式ホームページ

黄金の湯の割引情報

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

JAFのカードで割引が効くみたいです。受付で伝えると割引を受けることができます。

また黄金の湯が1時間半のみのひとっ風呂 入浴券というものがあり、大人料金でも400円ととってもお得なので、サッと入りたい方はこちらを利用するとお得です。

黄金の湯は大自然に囲まれた露天風呂が最高

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

今回は11月の中旬に行ったので、山々が少し色付いていてきれいでした。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

山々に囲まれていて、気持ちがよいです。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)まず入ってすぐのところで入場券を購入し、カウンターの方に渡します。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

奥に進んでいくと浴室が。

お風呂は、内湯は一般的な熱めのお湯とぬる湯が。

露天風呂は大きく広々としたお風呂が1つありました。屋根があったので、雨でも大丈夫そうです。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)
  • 泉質
    ナトリウムー炭酸水素塩温泉
  • 適応症
    神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
    うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
    疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病
  • 溶存物質
    1.12g/kg
  • 湧出量
    121リットル/分

無色透明のお湯で、とろっとしていて、とっても気持ちが良かったです(^^)/!

お肌がすべすべになる感じがしました。

シャンプーはありましたが、少し髪がきしんだので、持参しても良いかと思います。

清潔感もありとっても気持ちがよいお風呂でした。

黄金の湯の施設

黄金の湯の施設をご紹介します!

マッサージチェア

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

100円で10分マッサージチェアを利用できます。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

大きな窓から紅葉した木々をみながらのマッサージはとっても癒されました。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

66畳と44.5畳の大広間があり、とーってもゆったり。

寝ている方やテレビを見ている方、みんなとってもくつろいでいました。

お食事処 黄金の里(こがねのさと)

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

温泉の棟のお隣にあるお食事どころ。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ) 静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

蕎麦やうどん、ご飯ものもメニューが豊富にありました。

アルコールもあったので、お風呂上りに1杯飲むのも最高ですね!

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

私はコーヒー牛乳。

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

ドリンクやアイスクリームもあったので、お風呂上りに是非!

おわりに:黄金の湯は大自然に癒される日帰り温泉

静岡の黄金の湯(こがねのゆ)

山々に囲まれた露天風呂にとっても癒されました。

静岡駅から1時間とちょっとで行けるので、リフレッシュをしに是非行ってみて下さい!

👇静岡市内おすすめの温泉&スーパー銭湯はこちらで紹介しています

静岡市内の日帰り温泉&スーパー銭湯特集7選

2019.04.08

 

SPONSORED LINK