久能山東照宮の御朱印と桜|家康公が愛した久能の魅力を紹介

久能山東照宮の御朱印と桜

 

SPONSORED LINK




 

久能山東照宮は、徳川家康公をご祭神としておまつりしている全国東照宮の創祀(最初にまつった場所)です。

家康公が「遺骨は駿河国の久能山に葬ってほしい」と遺言で残したことから、御遺骸が埋葬されており、社殿は静岡県で唯一の国宝建造物。

春は桜が、秋は紅葉が美しく、たくさんの自然に囲まれています。

桜が満開の時期に参拝し、御朱印を頂いてきたので紹介します。

久能山東照宮の御朱印情報

久能山東照宮の御朱印

久能山東照宮で御朱印を頂ける場所

久能山東照宮の御朱印

御朱印は参拝受付所にて頂けます。

久能山東照宮の御朱印

御朱印帳を預け、番号を受け取ります。参拝をしている間にかいてもらうことができ、帰りに番号と引き換えに御朱印帳を受け取る流れです。

時間と料金

拝観時間(御朱印を頂ける時間) 午前9時~午後5時
御朱印の初穂料 300円
拝観料 大人 社殿:500円/博物館400円/共通券800円

小人 社殿:200円/博物館150円/共通券300円

社殿と博物館どちらも行く場合は、共通券を買うのがお得です。

久能山東照宮の御朱印帳

久能山東照宮の御朱印帳

久能山東照宮の御朱印帳には久能山の名物「石垣いちご」が描かれていて、女性を中心にとても人気だそうです。

参拝受付所にて御朱印帳を購入することができますよ。

久能山東照宮の見どころ

久能山東照宮の御朱印

久能山東照宮の見どころを紹介します。

社殿

久能山東照宮のさかさ葵

総漆塗で極彩色が美しい社殿は、江戸初期の代表的建造物として国宝に指定されています。久能山東照宮の社殿は静岡県内唯一の国宝建造物です。

久能山東照宮の社殿を手がけた大工「中井大和守正清」は、江戸城、駿府城、伏見城などの建造で見せた手腕を家康公に高く評価され、絶大な信頼を得ていたと言われています。

家康公の遺言により、遺骨は久能山に埋葬され、正清が社殿の建造を命じらました。久能山東照宮の社殿は清正が亡くなる数年前に完成した、清正の最高傑作なのです。

逆さ葵

社殿の屋根の下には、ずらりと「葵の御紋」が並んでいます。

社殿の側面には、逆さになった葵の御紋があるそう。

久能山東照宮のさかさ葵

👇逆さ葵を見つけました。

久能山東照宮のさかさ葵

一番左にある紋だけ、逆さになっているのが分かります。

これは「建物は完成すると崩壊へ向かう」と考えられていることから、家康公をまつる神社が永久に残っていくことを願いあえて未完成(逆さ)にしたと言われています。

家康公の側近であった大工「中井正清」の想いで紋が逆さになっていると考えたら、家康公を慕う正清の想いにとてもあたたかい気持ちになりました。

側近に慕われていた家康公の人柄が感じられます。

家康公の手形

久能山東照宮の家康の手形

家康公の手形がありました。

当時、家康公は「38歳、身長155cm、体重60kg」と小柄だったよう。大きさを比べてみたのですが、だいたい同じくらいで嬉しかったです。笑

400年以上前の家康公の手相までくっきりと残っているとても貴重な場所です。

一本のしだれ桜

楼門をくぐって進んでいったところに、一本の大きなしだれ桜があります。

久能山東照宮のしだれ桜 久能山東照宮のしだれ桜

覆いかぶさるように咲くしだれ桜が見事でした。

(この写真は2019年3月31日に撮影しています。)

金の成る木

久能山東照宮の金の成る木

金の成る木の由来が素敵だったので紹介しておきます。

久能山東照宮の金の成る木

要約します👇

徳川家康が3本の木を描き、「よろず程のよ木」「志ひふかき(慈悲深き)「志やうぢ木(正直)」この3つを心に刻めば、富(とみ)も地位も得られるでしょう。とおっしゃいました。

その後細川忠興公が木に枝をかき「あさお木(朝起)」「いさぎよ木」「志んぼうづよ木」「ゆだんな木」などと付け足し、「左右の枝が茂れば、ますますの富と地位が得られるでしょう」とおっしゃいました。

慈悲深く、正直者こそが成功を収めるという家康公らしいお言葉です。木を眺めながら、私も心に刻みました。

神廟(しんびょう)

本殿をさらに奥に進んだところにあります。御祭神徳川家康公の御遺骸を埋葬し奉った場所です。

絶景

久能山東照宮の御朱印と桜 久能山東照宮の御朱印と桜

久能山東照宮の見どころは、境内だけではありません。

山頂からの眺めがとってもきれい。キラキラと光る駿河湾と空の色合いがとっても美しいです。

ロープウェイで行く方も、少し階段を降りて絶景を見に行ってみて下さい。

久能山東照宮のアクセス、駐車場、授与時間

基本情報

所在地 静岡県静岡市駿河区根古屋390
電話番号 054-237-2438
マップ
拝観時間 午前9時~午後5時
御朱印の初穂料 300円
拝観料 大人 社殿:500円/博物館400円/共通券800円

小人 社殿:200円/博物館150円/共通券300円

公式ホームページ https://www.toshogu.or.jp/

アクセス

  • 日本平からロープウェイで行く行き方
  • 久能山下から徒歩で登る行き方

があります。
ロープウェイで行く

▼ロープウェイ乗り場

日本平から久能山東照宮まで、ロープウェイで約5分です。

▼ロープウェイ運行時間

日本平駅発 久能山駅発
通年 9:10~16:45 9:30~17:00

▼ロープウェイ料金

  • 大人 往復 :1,100円/片道 :600円
  • 小人(4才〜12才) 往復 :550円/片道 :300円

ロープウェイの時刻表や日本平のまでのアクセスは公式ホームページを参考にしてください。
徒歩で行く

久能山東照宮の御朱印と桜

久能山のふもとから山頂までは歩いて約20分。

階段の段数は1159段(いちいちご苦労さん)です。

👇マップ

静岡側から行く場合も清水側から行く場合も150号線沿いにある「久能山下」の信号を曲がると久能山の登り口があります。

お店の駐車場に停めさせてもらうことができますが(警備の方が誘導してくれます)駐車料金が500円かかります。

久能山下の信号から見て静岡側に、駐車料金200円の無人駐車場もありました。

 

SPONSORED LINK