お金に対する漠然とした不安は、知識がないことから生まれる

 

SPONSORED LINK




 

お金のこと、私はなにも知らなかった

「私、お金のこと全然知らない…」
こう思ったのは、割と最近のことです。

ちゃんと毎月お給料もかせいでいるし、貯金も(ちょっとだけど)できてるし!と変な自信があり
「自分自身がお金について無知である」ということを知りませんでした。

お金の知識がないことに気が付いたきっかけは、医療保険に入ろうとしたときでした。

保険のお姉さん(宮崎あおい似。超絶かわいい)に言われるがままに月額1万円くらいの医療保険に入ろうとしたときに、なんとなく本当にそんな手厚い保証が必要なの?とふと疑問に思ったんです。
(そもそもそんな高いお金払えないし…!)

そこで、すぐに会社で入っている社会保険について調べました!

すると、でてくるでてくる。知らなかった情報が。

あなたは、高額療養費制度という制度を知っていますか?

みなさん、高額療養費制度という制度を知っていますか?
恥ずかしながら私は知りませんでした!!

ゆきんこ
今回、保険を考え直すあたって、もしも自分が病気になったときにどれくらいお金が必要なのかを調べ、はじめて知りました。

高額療養費制度とは簡単に言うと、1ヶ月に一定金額を超えたら使った医療費がもどってくる
という制度です。

ほとんどの人が健康保険に加入をしています。
(サラリーマンは毎月の給料からガツンと保険料を引かれていますよね)

健康保険に加入をしている人に、高額療養費制度をつかうことができます。

年収によって違いますが、例えば年収350万円の方の場合、どんなに医療費がかかっても80,100円以上は使ったらその差額がもどってきます。

具体的にいうと、100万円の手術を受けても、919,900円はもどってくるということです。
(※ベッド代、食事代は含みません)

健康保険に加入をしているだけで、こんなにも守られているんですね。

毎月結構な額の保険料を払っているのに、補償内容については全く知りませんでした。怖すぎますね。

そうなると、ある程度貯金があれば、あれもこれもとたくさん補償がついた月額の高い保険が本当に必要か考え直す余地がでてきます。

(私はこのことをきっかけに、具体的に保険内容を見直し、最終的には月額2,000円くらいの保険に入りました)

こんなできごとがあり、こんな良い制度があるのに知らない!!
ほかにも自分が知らないだけで、損をしていることはたくさんあるはず。
と、自分の無知さが怖くなりました。

思い返せば、大学まで出させてもらったのに
しっかりお金について学んだことなんて一度もない…。(ぞわ…)

今回の高額療養費制度は一例ですが、調べればすにわかることも、私は今まで30年弱生きてきて、調べようとしていませんでした。

お金に対する不安はいつもつきまとう

あなたは、お金に対する不安はありますか?

私はあります。

  • 家を建てるには、どのくらいお金が必要なの?
  • 子供ひとり育てるには、どのくらいお金がいるの?
  • 少子高齢化がすすんでるって聞くけど、年金はちゃんともらえるの?
  • 老後、働けなくなった時に、どのくらいお金があれば生きていけるの?

今とっさに思いつくだけ、お金に対する不安を挙げてみました。
ぜんぶ知らないことから生まれる不安なんですよね。

知らないから、不安になる。

当然のことですが、私は今まで知ろうとする努力をしてきませんでした。

お金の知識をつけるべくFP(ファイナンシャルプランナー)の資格をとる

このままじゃいけない!知らないことで損をしていることはまだたくさんあるはず!

知識をつけて、お金に対する不安をなくしたい!

こう考えた私は、お金の基礎知識が学べるFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を勉強はじめました!

本当に知らないことばかり。
この新しい知識がどんどん入ってくる感覚、ひさしぶり…!!!

これからの人生、知らないで損することを減らすために、お金についての勉強をし続けたいと思います。

ブログで共有させてください!

自分の備忘録の意味でも、これは役に立つ…!と思ったお金についての知識をこのブログで共有していこうと思います!

一緒にお金について勉強をしていきましょう!

 

SPONSORED LINK







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。