【ねこの博物館(伊豆)】かわいいネコとふれあえるシュールな穴場スポットを発見!割引情報も紹介します!

伊豆「ねこの博物館」

 

SPONSORED LINK




 

伊豆には「まぼろし博物館」や「怪しい少年少女博物館」などカオスでシュールな博物館がたくさんありますが、今回行った「ねこの博物館」ももれなくシュールで最高でした。

かわいい猫たちと触れ合うこともできますよ!

実際に行ってみた感想やねこの博物館の楽しみ方などを、かわいいねこちゃん達の写真とともにご紹介します。

割引情報も紹介するので、実際に行こうと思っている方は是非最後まで読んでみて下さい!

ねこの博物館ってどんなところ?

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ねこの博物館は伊豆高原駅から車で約10分、緑がいっぱいの伊東市八幡野にあるネコに特化した博物館。

伊豆にある「まぼろし博物館」や「怪しい少年少女博物館」などシュールな博物館の姉妹館なのです。

  • 世界の猫や猫の歴史を知れる「野生ネコの世界
  • ぬいぐるみやフィギュアなど、とにかく猫グッツを集めた「ねこの美術館
  • 実際に世界の猫たちと触れ合える「世界のねこちゃん

などで構成されており、ネコ好きにはたまらない珍スポット。

ねこの博物館の見どころをご紹介

それでは、それぞれ見どころをご紹介していきます。

野生ネコの世界

館内の1階が世界中に生息する野生ネコ28種の標本が展示された「野生ネコの世界」

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

まず目に入るのがトラの世界。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

本物!?とびびる程の迫力。

今にも動き出しそうな迫力満点のトラが出迎えてくれます。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

日本ではあまり見られない珍しい猫も。

どれもとてもリアリティーがあります。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」 静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ネコたちの頭蓋骨や全身の骨格も見ることができます。

おそらく、なかなか目にかかることはないのでは?

ねこの博物館

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

2階にあがると、ネコをモチーフにした様々な品が煩雑に並べられた「ねこの博物館」のコーナー。

孤独を愛し暗闇を徘徊するという、その特性ゆえ、遠い昔よりねこは畏れられ、またときに敬われてきました。 ネコをモチーフとして様々な人形、絵画、玩具など、様々な国のネコにまつわる美術品を見ながら、世界へ想いを馳せるのも貴重な時間でしょう。
展示品:木彫り、招き猫、キャラクター玩具、ぬいぐるみなど
国内ねこ作家作品(ドールハウス、人形など)

ホームページより引用)

 

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ドラえもんもそういえばネコだったか…笑

静岡県伊豆の「ねこの博物館」 静岡県伊豆の「ねこの博物館」

キャラクターものから、骨董品のようなネコまで。

驚くほどの数の猫グッズがシュールに並んでいます。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

☝ネコのジオラマの世界。かわいい。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

「ねこみくじ」なるものもありました!

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

夜、人間が寝静まった後に、動き出しそうなネコたち。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

とにかく全体的に「B級感」がすごい!(褒めてる)

世界のねこちゃん

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

さあ、2階をさらに奥に進むと、おまちかね「世界のねこちゃん」のコーナーです。

人気のネコちゃん20種、約40匹が勢ぞろい。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ふれあい広場では自由にくつろぐネコたちとふれあうこともできます。

かわいいネコたちの写真多めでご紹介していきますね!

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ねむいにゃ~

とにかくずっと寝ていたネコさん。

リラックスしきってる顔がたまらなくかわいい~!なでても全然起きません。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

毛がふっさふさ!ずっと撫でていたくなる~~

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

白黒模様の美人さん。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

寝顔がたまらなくかわいい~~

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ぶさかわでたまらないで賞。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

にゃ~~

たくさんのネコと夢中になって触れ合っていたら、あっという間に1時間ほど経ってしまいました!

GWに行ったのですが、そこまで混んでおらず、心いくまでネコと触れ合えたのが嬉しかったです。

ねこのお土産も

ねこのアイテムだけがそろったお土産もありました。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

ぬいぐるみやキーホルダー。

静岡県伊豆の「ねこの博物館」

置物や食器などなど。

思い出と共にお気に入りのネコグッズを連れて帰りましょう(^^)/

ねこの博物館の営業時間や駐車場、アクセスなど

基本情報

住所 〒413-0235 静岡県伊東市八幡野1759-242
営業時間 午前9時~午後5時(入館は30分前まで)
定休日 年中無休
料金
  • 大人1300円
  • 中高生1000円
  • 小学生700円

※特別料金 障がい者手帳の提示で本人は半額、同伴者は100円引(坂や階段があるため車 椅子の介護者は2名必要です )

電話番号 0557-51-5133
ホームページ http://nekohaku.pandora.nu/index.html

アクセス

◆電車の場合
東京から特急「踊り子号」で伊豆高原まで(2時間10分)
東京から新幹線で熱海経由伊豆高原まで(1時間40分)
名古屋から新幹線で熱海経由伊豆高原まで(2時間40分)

◆お車の場合
東京から…東名厚木I.C-小田原-熱海-伊豆高原(約2時間)
名古屋から…東名沼津I.C-大仁-宇佐美-伊豆高原(約4時間30分)

◆伊豆高原駅よりバス又はタクシーをご利用の場合
伊豆高原駅、高原口より出てロータリーにバス乗り場すぐ。
東海バス「シャボテン公園行(桜並木経由)」、もしくは「一碧湖行(桜並木経由)」にご乗車いただき『大室高原7丁目』で下車。※乗車時間約10分。但し、当停留所停車のバスは、日中1時間に2本の運行状況。
停留所から、坂道を登ると左手に博物館がすぐございます。※徒歩約3分(大きな看板が見えます)
注意:伊豆高原駅より「シャボテン公園行」で、(ぐらんぱる経由)のバスは、大室高原7丁目には停車しません。 (桜並木経由)であることをお確かめください。
タクシー乗り場は伊豆高原駅を高原口より出てロータリーにあり。弊館まで約5分、料金およそ1000円~1200円程度。

ホームページより引用)

駐車場

ねこの博物館の前の道を挟んで反対側に、20台ほどの無料駐車スペースがありました。

割引情報

ねこの博物館のホームページに割引情報が載っていました。

  1. ねこの博物館のホームページにアクセス
  2. 割引券のページをクリック
  3. ページを入館窓口で提示
  4. 100円の割引が適用されます!

(2019年6月現在)

おわりに

  • シュールなネコの展示品が楽しい
  • 迫力満点な世界のネコを知れる
  • かわいいネコたちとゆっくり触れ合える

伊豆は何度も旅行で行ったことがあるのですが、ねこの博物館は、ちょうど良い穴場スポットでした!

是非行ってみて下さいね!

 

SPONSORED LINK