【プティタプティ】ひとつひとつが繊細でおいしい、草薙のパン屋さんを紹介します

草薙のプティタプティ

 

SPONSORED LINK




 

静鉄 県立美術館前駅から徒歩5分程のところにあるパン屋さん、プティタプティさんに行ってきました。

プティタプティとはフランス語で「ちょっとずつ」という意味だそうです。

ちょうど良いサイズの美味しいパンをちょっとずつ食べる幸せをぜひ味わってみて下さい!

プティタプティってどんなお店?

プティタプティさんは静鉄 県立美術館前駅を降りて、県大に向かって坂道をのぼり少し細い道に入ったところにあります。

草薙のプティタプティ 草薙のプティタプティ

一見パン屋さんとは思えないような、スタイリッシュな3階建ての建物の1階です。

草薙のプティタプティ

建物の地図

草薙のプティタプティ

少し細い道を進んでいくと、左手にあります。

なんかちょっとだけ入りにくいなぁと思って入ったのですが、お店の方が柔らかい雰囲気で一気に安心しました。

店内はかなり賑わっていて写真が撮れませんでしたが、黒を基調としていて高級感がありシック。パンが綺麗に整列されていてブティックのような感じでした。

プティタプティのパンをいくつか紹介

プティタプティのパンをいくつか紹介します。どれも本当に美味しかったです。

川根茶のあんパン

草薙のプティタプティ

お茶色の皮がきれいなあんぱん。

静岡県のお茶「川根茶」が使われているのが、なんとなく嬉しいです。

草薙のプティタプティ

中に入っているあんこは結構甘めでしたが、生地のお茶の味がしっかりしているので、合わさると絶妙にちょうど良い甘さ。

お茶とあんこの組み合わせは最高だなあと、思いました。次も買いたいパンです。

チーズのパン

草薙のプティタプティ

フランスパンの生地がおいしいパン屋さんだなあ、と思わせてくれるパン。

表面は固めなのですが、中の生地がもっちりしていて美味しいです。

片手におさまるくらいの大きさで、大きすぎずに食べやすい。

リンゴのパン

フルーツが入ったデザートパンも豊富で、この日はリンゴのほかに「キウイ」「キャラメルバナナ」などがありどれも美味しそうでした。

草薙のプティタプティ

生地が何層にもなっていて、サックサクです。中には(おそらく)ナッツ系のクリームが入っていて、パンともリンゴとも相性が抜群。

草薙のプティタプティ

リンゴの整列が美しい

食べていて心の底から幸せでした。

パン屋さんの平均的な価格と比較するとちょっとだけ高めだったのですが、それでもまた何度でも来たくなるおいしさでした。

ごちそうさまでした!

プティタプティの営業時間やアクセス

関連ランキング:パン | 県立美術館前駅草薙駅(静岡鉄道)草薙駅(JR)

駐車場:お店の前に3台ほど駐車スペースがありました。「petit a petit」と書いてあるところに駐車できます。

おわりに

  • もっちりとした、生地が本当に美味しいパンが楽しめる
  • まるでブティックのようなパン屋さんで、パンを選んでいる時からすでに幸せ
  • プティタプティでパンを買って、県大の芝生公園でピクニックするのがおすすめ

またすぐにでも行きたくなるパン屋さんでした!

 

SPONSORED LINK