年間150万貯金する夫婦2人暮らし1ヵ月の生活費を大公開!節約方法や管理方法をまとめます。

 

SPONSORED LINK




 

この記事は、

「結婚して2人で暮らし始めたら、どのくらいのお金が必要なんだろう」
「家計の管理はどういう風にすればいいの?」
「年間150万貯金するための、おすすめの節約方法は?」

こんな風に思っている方に、ぜひ読んでもらいたいです!

最近、私のまわりでも結婚ラッシュがすごいことになっています。

そんなわけでよく聞かれるのが、お金のこと。(夫婦生活をはじめて私はちょうど1年…)

生活していくのにどれくらいお金がかかるの?
家計はどう管理するの?

本当によく聞かれるようになったので、まとめることにしました。

実際の2月の家計簿も公開していきます!!

夫婦2人の生活費(家計事情)を公開します!

さあ!さっそく赤裸々にいきたいと思います!!

参考になれば幸いです!!

※住んでいるのは、地方の中では物価が高いと言われている静岡県静岡市です

※夫婦どちらも正社員のフルタイムで働いていて、年収は高くも低くもなく平均的です!

2018年2月家計簿内訳

  • 家賃 :¥79,700
  • 通信費:¥19,942
  • ガス代:¥6,109
  • 水道 :-(奇数月のみ請求)
  • 電気代:¥5,654
  • 食費 :¥28,850
  • 雑費 :¥4,689
  • ガソリン:¥6,000

 合計:¥150,944

ここには、お互いのおこずかい、旅行代、などは含まれていません!

これが静岡で暮らす夫婦の、最低限にかかる生活費の一例です!!

家計簿はつけるべきか

家計簿については、いろいろ考え方があると思いますが
私は家計簿をつけていません!
(2月はブログにまとめよ~とおもいつけてみました!)

ズボラな性格だからどうせ続くはずがない~
と思っている人におすすめなのがざっくり家計財布です!

やり方を紹介します!

①新生活がスタートしてはじめの3か月だけ家計簿をつける

②それぞれの費用がどれくらいかかるかをしらべる

③余裕をもって予算を決める

④月はじめにその予算を家計の財布に入れて、やりくりする!

⑤あまったらそのまま貯金(足りない月があったら使っていいことにする)

こんな感じです!

ちなみに私の場合は、食費・雑費・ガソリン代以外はすべて引き落としなので、この3項目で5万円、と決めてお財布をわけています!

こまかく項目ごと封筒で分ける…

というやり方をよくやっている方もいてとても尊敬しているのですが
ズボラな私には続かないなと思ったので、このやり方で落ち着きました!

ストレスもなく、お金を使いすぎることもなく、とってもおすすめです!

家計(おさいふ)はわけるべきか

これは、夫婦でよく話し合うべきことだと思います。

私はおさいふを一緒にしてよかったなあと思いますが、同じ時期に結婚した友達でお財布を分けてよかった、と言っている子もいるので、本当に人それぞれだと思います!

私がお財布を一緒にして感じた、メリットデメリットを紹介します!

●共同財布のメリット

①節約・貯金がしやすい

夫婦2人が、家計にどのくらいのお金をつかっているか、貯金をどれくらいしているかを把握しているので、節約をするにしても貯金をするにしても、2人で協力してやっていけます。

②考えなくていいので、ラク

2人のものを買うときや共通の友達と出かけたとき、だれがお金をだすの?(ねえ出してよ!)と考えることがなくなります!

2人ででかける時は、家計の財布!
自分のものを買うときは、おこずかい!

と、はっきりしているので、とても楽です!!

●共同財布のデメリット

①自由度がへる

「今月はスノボに行ったからおかね足りない…ちょうだい…!」

こんなこと、独人時代には絶対ありえないですよね!
お財布を一緒にしていると、すこし不自由に感じます。
(独身時代の貯金には手をつけない派)

おすすめの節約方法を紹介します!

実際にわたしがおこなっている節約方法を紹介します!

●食費を節約する!

これは、私が結構がんばっていることなので、また別の記事にまとめようと思います!

いま現在、

30日×3食×2人 = 3万円

でやっているので、1食166円の計算です!
(いま自分でも計算してみてびっくした……!自炊ってすごい…!)

ただ、食費の節約といっても、がんばってすこし節約できようがすこし増えてしまっていようが、正直家計にはそんなに大きく影響を与えないように思います!がんばっても数千円の差なので…!

でも、これが3年、5年と続くことを考えると大きな差になるし、節約できた分ごほうびディナーをしたりとじぶんたちの好きなことに使える!と思うと、やって損はないかな…!と思います。

食べることは、幸せにも直結すると思うので無理はする必要ないと思います!

たのしくがんばりましょー!

一番食費の節約に効果的なのは、ふるさと納税で食材をゲットすること!

詳しくはこの記事を参考にしてみてください!↓

ふるさと納税ってなに?やった人から得をする!仕組みややり方をまとめます!

2018.06.29

●固定費の節約

いちばんラクで効果のある節約が、固定費の節約です!

固定費とは、携帯料金、家賃などの毎月決まった額支払うお金のことです。

これは、一度決まってしまったらずーっと続くことなので、見直すことでかなりの節約になります!

ー通信費

携帯代、、、本当にばかにならないです。

格安SIMにした場合、こんなに節約になります。

現在:
¥8,000×2人×12か月=¥192,000

格安SIM(仮に¥2,000になったら):
¥2,000×2人×12か月=¥48,000

¥192,000-¥48,000=年間¥144,000の節約…!!

うそだろ…!泣きたい……( ;∀;)かなりの節約になりますね!

私たち夫婦も格安SIMにしようと思っていますが、まだ実行できていません。

実行したら記事にしようと思います!!

一刻も早く、格安SIMにすることをおすすめします!!!!
(自分に言い聞かせている)

ー家賃

家賃も必ず毎月発生するものですし、額も大きいので、これが節約できたら、大きいです!!

家賃の節約方法を紹介します!

①冷静になる(笑)

賃貸を決める時、内覧をしているとどんどんどんどん欲がでてきます!

できることなら築浅がいいし、コンロも2口以上ほしいし、駅ちかがいいし…
あげたらキリがありません!

気づいたら、予算1万オーバーのところを契約してた…!なんてよくある話だとおもいます。

内覧をするまえにふたりでよく話し合って予算を決めて、その予算よりも5千円くらい安い金額を不動産やさんに伝えましょう!
だいたい不動産やさんは予算の5千円前後の物件を紹介してくれるので、実際の予算よりも安めに伝えておくのがポイントです。

②値下げ交渉をしてみる

ぜひ一度、おねがいしてみましょう!!

「予算はこれくらいで考えてたんですが…、〇〇さんが紹介してくれた、このおうちがものすごく気に入って……!~円安くならないですか?(/_;)」

言ってみるものですね!
私たちは2千円安くしてもらうことができました!!

長く住むかもしれないと思ったら、大きいです。感謝…!!

まとめます

長くなってしまいましが、読んでくれた方ありがとうございます!

また、食費の節約方法、格安SIMの変え方など、記事にしていきたいと思いますので、待っていてくださいね~!

そしてぜひ!新生活をたのしんでくださいね!!!

 

SPONSORED LINK







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。